04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2012年12月1日(土)9:00

『南方鰹漁の軌跡』出版/伊良部

仲間明典さん著書、盛大に祝う


新書の発刊を祝し乾杯する前市教育長の川上哲也さん(右)と仲間明典さん=30日、佐良浜

新書の発刊を祝し乾杯する前市教育長の川上哲也さん(右)と仲間明典さん=30日、佐良浜

 佐良浜に住む仲間明典さんが著した『佐良浜漁師達の南方鰹漁の軌跡(赤銅色のカシレーリヤカンパニー)』出版祝賀会(主催・同祝賀会実行委員会)が30日、前里添多目的施設で開かれた。友人や知人らが、南方カツオ漁業を研究する上で一級資料となる名著を盛大に祝し、さらなる活躍を期待した。

 久高正春実行委員長は「島おこしの一環として書かれた本は、すばらしい仕上がりとなっている。本を活用し、伊良

このほど発刊された『佐良浜漁師達の南方鰹漁の軌跡』

このほど発刊された『佐良浜漁師達の南方鰹漁の軌跡』

部島の活性化につなげてほしい」とあいさつした。

 前市教育長の川上哲也さんは「出版された本は一級資料。誇り高き池間民族が南方で活躍した歴史が分かる」と強調した。

 仲間さんは「先輩の漁師たちや南方の豊かな海の資源に感謝して書いた。南方で池間民族が成功したのは、追込漁でカツオの活き餌を採捕する漁労に優れていたことが挙げられる。南方で池間民族以外の本土の漁師たちは、活き餌取りが上手でなかったので、カツオ一本釣り漁業の業績は振るわなかった」と話した。

 発行は宮古島市地域おこし研究所。全205㌻。定価は1200円プラス消費税。

 本書は、沖縄における鰹漁の始まり▽戦前の南方鰹漁▽戦時下の南方鰹漁▽尖閣諸島での鰹漁▽戦後の南方鰹漁▽資料編-で構成されている。

 問い合わせは、仲間明典さん(電話・ファクス78・3515)へ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!