09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
社会・全般
2012年12月26日(水)9:00

ロッテで活躍を/プロ野球

川満寛弥投手を激励/出身地下地で盛大に


川満投手の活躍に期待を込めて乾杯する地域住民ら=25日、下地改善センター

川満投手の活躍に期待を込めて乾杯する地域住民ら=25日、下地改善センター

 プロ野球千葉ロッテ・マリーンズへの入団を決めた川満寛弥投手の激励祝賀会が23日午後、下地改善センターで開かれた。地域住民を中心に約300人が来場して川満投手のプロ入りを盛大に祝福し、今後の活躍に期待を込めた。川満投手は「プレーで宮古島を盛り上げていきたい」と活躍を誓った。


 川満投手は下地上地の出身で、下地小、同中を経て宮古総合実業に入学。

「プレーで宮古島を盛り上げたい」と話す川満寛弥投手

「プレーで宮古島を盛り上げたい」と話す川満寛弥投手

その後スカウトされて九州共立大学に進学し、仲里清監督の指導を受けてめきめきと実力をつけた。

 1年秋からリーグ戦に出場、2年春には主戦を任され、5勝無敗の活躍でMVPを受賞した。2011年9月にはIBAF(国際野球連盟)ワールドカップの日本代表選手に選ばれ、内外で注目を浴びた。

 10月のプロ野球ドラフト会議では、大学ナンバーワンの大型左腕という呼び声がある中、ロッテの2位指名を受け入団を決めた。

 激励祝賀会は下地学区体育協会が主催。平良哲則会長は「川満君は小学、中学と野球少年で、大学でその才能を開花させた。プロ入りは誇り」と喜んだ。「プロは強者ぞろいだが、自分もプロ野球選手だという自覚と自信を持ってプロの世界で活躍してほしい」と激励を込めた。

 下地敏彦市長は来賓あいさつで「類いまれな素質の持ち主。これからその力を見せてくれると思う」などと期待。市体育協会の本村博昭会長は「プロの世界でその才能を発揮し、進化させていく川満投手から目が離せない」と話した。

 親せきや野球少年から花束の贈呈を受けてプロ入りの実感をかみしめた川満投手は「宮古島の子どもたちに希望を与え続けられるように頑張りたい。(ロッテ所属の)伊志嶺翔大さんとともに、プレーで宮古島を元気にしていきたい」と力強い抱負を話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!