04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2013年1月27日(日)9:00

鮮やかな花が歓迎/ジロー楽園

椿まつり始まる


咲き誇る色彩豊かなツバキが訪れる人の目を楽しませている=26日、城辺長北のジロー楽園

咲き誇る色彩豊かなツバキが訪れる人の目を楽しませている=26日、城辺長北のジロー楽園

 宮古島椿の会(来間清典会長)主催の第6回「椿まつり」が26日、城辺長北のジロー楽園で始まった。きょう27日まで。在来種のヤブツバキや観賞用の大輪のツバキが会場を彩り、訪れた人たちの目を楽しませている。


 会場には、会員20人が丹精込めて育てたツバキの花鉢がずらりと並び、ヤブツバキや観賞用のツバキ約30種類が展示されている。

 開会のあいさつで来間会長は「今年は花が多く咲いて美しい姿を見せてくれている。きょうは美しいツバキの花をたくさん見て心豊かに過ごしてほしい」と呼び掛けた。

 会場には朝から多くの観客が訪れ、ツバキの品種の多さとその魅力を堪能するとともに、会場で販売されているツバキ油やツバキ茶を買い求めていた。 

 また、来間会長は「ツバキは台風、干ばつなどにも強く防風林としても活用される。また、12月ごろから4月ごろまで花が咲き庭木としても楽しめるほか、葉もきれいで油や染料としても活用できる」と、その魅力をアピールした。

 そのほか会場の壁には、ツバキをテーマにした写真や短歌が展示され、まつりを盛り上げた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!