09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
社会・全般
2013年2月1日(金)9:00

宮城さん厚労大臣賞/長年助産師一筋

取り上げた赤ちゃん3500人以上


右から下地市長、宮城さん、安座間和美宮古病院看護師長、浜元勝枝宮古助産師会長=31日、市長室

右から下地市長、宮城さん、安座間和美宮古病院看護師長、浜元勝枝宮古助産師会長=31日、市長室

 長年助産師を務めた宮城育子さん=奥平産婦人科勤務=が、2012年度の産科医療功労者厚生労働大臣賞を受賞し31日、下地敏彦市長に報告した。大臣賞受賞は全国で41人、県内からは宮城さん一人。宮古の受賞者は、11年の浜元勝枝さんに次いで2人目となった。「とても感激している。賞は自分一人のものではなく、支えてくれたみんなのもの。賞を出発点に、これからも頑張っていきたい」と喜びを語った。

 下地市長は「長い間の努力が報われて良かった。手話サークルなど福祉活動も素晴らしい。これからも頑張ってください」と祝福した。

 宮城さんは、22歳で助産師の仕事に就いた。これまで約45年の間に、3500人以上の赤ちゃんを取り上げた。

 「赤ちゃんが産まれると、周囲が明るくなる。おめでたい雰囲気に包まれる。母親は陣痛の苦しみから、笑顔になる。幸せな人生を願い、産湯に入れる。出産時の感動や感激には、助産師でないと出会えない」と仕事冥利を話す。

 仕事の駆けだしのころ、生まれた子どもの中には、「孫が生まれた」と喜びの報告をする人もいるという。

 手話サークル活動は、ろう者の出産を担当したのが、きっかけとなった。「産婦さんが、涙を流して苦しんでいるのに、言葉を伝えられなかった」ことに、ショックを受けた。1988年に手話サークル「がじゅまるの会」を結成。現在も活動を続けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!