04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
社会・全般
2013年2月15日(金)9:00

女性ダンプ運転手が奮闘/多良間村

池原さん「長年の夢かなう」


左から伊良皆博さん、渡口達也さん、池原さん、渡口球七さん=13日、多良間村塩川

左から伊良皆博さん、渡口達也さん、池原さん、渡口球七さん=13日、多良間村塩川

 【多良間】製糖期で活気づく多良間村。サトウキビを積むダンプカーの運転手として働く紅一点の女性が注目を集めている。池原美由紀さん(48)だ。「農家の汗の結晶であるサトウキビの運搬作業の手伝いができるのがうれしい」と充実した日々を送る。


 6人兄弟の中で、女一人で育った美由紀さん。「小さいころから兄や弟たちが、運送の仕事をしているのを見てきて、自分もやってみたいと思っていた」

 21歳の時に宮古島に住む夫弘勝さんと結婚し、会社勤めをしながら子育てを頑張った。息子2人は、学校を出て就職。子どもが親元を離れたのを機に昨年、夫の理解を得て大型2種免許を取得した。

 「ダンプの運転手として、働きたい」。運送会社を経営する兄の渡口直和さんに頼むと、すぐに聞き入れてくれて長年の夢がかなった。

 仕事は早朝8時から、始まる。キビ畑と製糖工場をピストン往復し、多い日で午前中に6台を運び込む。「仕事は安全面に一番気を遣う。ダンプの運転手は体力を必要とするが、重労働ではないので女性にもできる」と自信を見せた。

 「自分は、おてんばの性格」と話す美由紀さん。「次はバスの運転手に挑戦したい」とますます夢を膨らませる。

 宮古地区トラック事業協同組合によると、ダンプでサトウキビを運搬している運転手は、宮古本島内が114人、多良間が10人。その中で女性は、池原さんだけだ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!