05/25
2024
Sat
旧暦:4月17日 友引 戊 
社会・全般
2013年2月22日(金)9:00

安全な街づくりに決意

功労伝達とマップコン入選報告


受賞者の宮平エミさん(前列右)らと記念撮影する(後列右から)宮城署長、下地市長ら=21日、市役所平良庁舎

受賞者の宮平エミさん(前列右)らと記念撮影する(後列右から)宮城署長、下地市長ら=21日、市役所平良庁舎

 宮古かぎすま安全なまちづくり推進協議会(会長・下地敏彦市長)は21日、市役所平良庁舎でちゅらうちなー安全まちづくり協議会(会長・仲井眞弘多県知事)の功労者など表彰伝達式と第9回小学生のぼうさい探検隊マップコンクール(主催・朝日新聞社ほか)入選の報告会を開いた。下地市長は「安全なまちづくりは、そこに住んでいる人が取り組むことが望まれる。それに行政は支援し、環境・道路を整備していく。マップ作りは子どもたち目線で作られ、とても良い」と述べた。


 個人功労は、腰原女性会子どもを守るパトロール隊長の宮平エミさん(68)、音楽家の下地暁さん(55)、団体功労は、東川根自治会・パトロール隊(平良博延隊長ら19人)。

 入選は、ネバーランド児童館「デンジャラスボーイズ」(上地常美代表)、南ドーム児童館「ワイルド探検隊」(川満幸代代表)、池間添児童館「ワイドー!美ぎ島隊」(山内美由喜代表)。

 同推進協議会副会長で宮古島署の宮城英眞署長は「地域の安全は地域で守ることが大事。治安を預かる者として、市民に信頼され協力を仰がなければならない。今後とも民警一致をお願いしたい」と語り、受賞者らの貢献をたたえた。

 次いで宮古島地区防犯協会の前川尚諠会長が、受賞者らのさらなる活動に期待を込めた。

 宮平さんは「女性だけのパトロール隊を結成して今年で8年目になる。会員24人の延べ参加は1000人を超えている。今後も無理なく楽しく、体力の続く限り活動したい」と意欲を見せる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!