04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
社会・全般
2013年3月2日(土)9:00

2頭の獅子で厄払い/城辺比嘉で旧二十日正月祭

豊年と無病息災も祈願


2頭の獅子が舞い、リフォームされた家の厄払いをした=1日、城辺比嘉

2頭の獅子が舞い、リフォームされた家の厄払いをした=1日、城辺比嘉

 城辺比嘉自治会の「旧二十日正月祭」(パツカショウガツ)が旧暦1月20日に当たる1日、比嘉集落内で行われた。2頭の獅子がリフォームされた家や農機具購入者の家を回って厄を払うとともに、豊年と無病息災を祈願した。


 同自治会によると、旧二十日正月祭は1913年に始まったとされる。明治時代、字有地財産を巡って訴訟に発展した士族と平民の争いの解決(和解)が旧暦1月20日だったことから同日を記念日に設定。獅子舞や競馬、角力などが行われるようになったという。

 始まりから100年目となった1日の祭りにも多くの地域住民が参加した。開会の行事が公民館前で行われ、同自治会の平良健会長が「旧二十日正月祭は先人と先輩方が築いてきた輝かしい伝統行事。豊年と無病息災を祈願し、活力ある豊かで安心な比嘉自治会の発展に努めよう」と述べた。

 祭りが始まると、はじめに2頭の獅子を先頭に、クロツグ(方言名マーニ)の草の冠を頭に載せた住民が公民館の建物を3周回って厄払いをした。引き続き公民館前の広場で獅子舞、比嘉のクイチャーを踊って五穀豊穣を祈願した。

 集落を一回りした後、2012年度に家屋をリフォームした人や農機具を購入した人の計6宅を訪れ、獅子舞などで厄払いをした。

 昨年51年ぶりに帰郷して実家をリフォームした下地恵壹さんは「素晴らしい厄払いをしてもらって感謝している。この伝統は本当にすごいし感動している」などと話していた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!