05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2013年3月10日(日)9:00

がんの薬物療法学ぶ/マインドケアおきなわ主催

相談会と出張講座開催


参加者は熱心に話を聞いていた=9日、ゆいみなぁ

参加者は熱心に話を聞いていた=9日、ゆいみなぁ

 第6回「がん相談会&出張講座~マインドケアおきなわIN宮古~」(主催・NPO法人マインドケアおきなわ)が9日、市働く女性の家で開かれた。県立宮古病院薬剤師の垣花真紀子さんが「がんの薬物療法について」と題し講演した。

 講演で垣花さんは、がん治療の薬物療法の位置づけについて「手術、放射線療法が局所的な治療に対して、薬物療法は全身が対象になる」と話した。

 薬物療法は▽治療や寛解(病気の症状が、一時的あるいは継続的に軽減した状態。または見かけ上消滅した状態)を目指す▽がんを縮小させて手術をより確実にする▽再発予防▽延命効果や症状の緩和-などが主な目的と説明した。

 また、抗がん剤の使用による脱毛や吐き気などの副作用については「我慢しないで医師などに相談することが治療のポイントになる」と述べ、抗がん剤治療を受けるに当たっては「患者が自分で副作用を管理し、分からないことは遠慮しないで医師などに聞くことが大切」と指摘した。

 講演後、参加者らがそれぞれの体験や療養生活などについて話し合った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!