01/22
2022
Sat
旧暦:12月20日 先勝 乙 
社会・全般
2013年3月21日(木)9:00

ベニバナ咲く/多良間で15世紀栽培

鮮やかな黄色い花を咲かすベニバナ=20日、平良(撮影・伊良波彌記者)

鮮やかな黄色い花を咲かすベニバナ=20日、平良(撮影・伊良波彌記者)

 タラマバナ(多良間花)の異名を持つベニバナ(紅花、キク科)が、鮮やかな黄色の花を咲かせ始めている。花色はこれから紅色に変わり、見頃を迎える。


 アザミに似た一年草または越年草。染料植物。紅花は「こうか」とも読む。 

 日本では、ベニバナの一大産地は山形県。飛鳥時代(6世紀後半~8世紀初頭)に原産地のエジプトなどからシルクロードを経て渡来したとされる。

 宮古では、多良間島に生えるベニバナが有名。

 「朝鮮王朝実録琉球史料集成(訳注篇)」によると、1947年、多良間島の船が朝鮮に漂着した。乗組員10人であったが、不幸にして6人が死亡。朝鮮の質問に対し、漂流民は「わが島は紅花多く産し」と答えている。同島では、少なくとも15世紀末には紅花が栽培されていたことがうかがえる。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!