04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2013年4月21日(日)9:00

ソテツの博愛ゲート設置/トライアスロン

城辺には大型応援看板


完成した博愛ゲート。周辺には色とりどりの花が咲いている=20日、市役所上野庁舎前

完成した博愛ゲート。周辺には色とりどりの花が咲いている=20日、市役所上野庁舎前

 応援幕、看板、沿道の花など宮古島がトライアスロン一色に染まる中、市役所上野庁舎前に恒例の博愛ゲートが完成した。同城辺庁舎前には大型の応援看板も設置されている。


 博愛ゲートは20日までに完成。上野庁舎の職員約30人が、ソテツを使って高さ6㍍、幅は10㍍以上になる大きなゲートを作った。


選手を激励する大型応援看板=20日、市役所城辺庁舎前

選手を激励する大型応援看板=20日、市役所城辺庁舎前

 同時に周辺道路の清掃活動を行い、選手のバイクコースの美化に努めた。

 上野庁舎は色とりどりの花々に包まれており、バイクで通過する選手たちの目を楽しませそうだ。

 市上野支所の根間正三郎支所長は「選手の皆さんには博愛ゲート、庁舎の花を楽しみながら完走を目指して頑張ってほしい」などとエールを送った。

 一方、城辺庁舎前のランコースには大型の応援看板を設置した。看板には「最後まで羽ばたけ ストロングマン」や「ゴールで輝くあなたの笑顔」と記した。

 各地に掲げられた応援幕を含めてトライアスロンムードは高まるばかり。200・195㌔の距離に挑む選手たちを後押しする。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!