04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2013年5月3日(金)9:00

「紫芋かき氷」を考案/植物園のゆくい家

広がる紫イモの可能性


紫イモのペーストを使って考案された「紫芋かき氷」(手前)と「紫芋スープ」

紫イモのペーストを使って考案された「紫芋かき氷」(手前)と「紫芋スープ」

 宮古島市熱帯植物園内にあるレストラン「ゆくい家」がこのほど、「紫芋かき氷」と「紫芋スープ」を開発した。いずれも宮古島産紫イモのペーストを使用しており、ほんのり香る紫イモの風味と美味を楽しめるメニューだ。宮古では紫イモを使った菓子類などの商品化が相次いでおり、紫イモのブランド化に向けて可能性が広がっている。


 「ゆくい家」は市の施設で、郷土料理体験施設にも位置付けられている。今は有限会社シンプロが運営して来園者に食事や飲み物を販売している。シェフは料理研究家でフランス料理を専門とする若林昌英さんで、今回のかき氷とスープも若林さんが考案した。

 かき氷は完全無添加のデザートで、紫イモ独特の風味と食感を楽しめる。アルコールを熱で飛ばしたブランデーによる味付けが絶妙で、リンゴのシロップ煮やレモングラスが味にアクセントを加える。

 紫色が鮮やかなスープも人気メニューの一つ。宮古島産のタマネギやセロリ、キャベツなどのエキスを使用した自家製のコンソメに紫イモペーストを入れ、それを豆乳で伸ばしてスープにした。紫イモの香りを存分に味わえるスープだ。

 シンプロの営業を担当する島袋竜之進さんは「地元の食材を使った無添加のスイーツ(かき氷)なので安心して食べることができる。島の人が食べやすいようにスープを含めてすべて地元の食材を使った。多くの市民に地元の食材、料理を味わってほしい」と話し、地産地消に伴う紫イモの消費拡大に期待を込めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!