05/28
2024
Tue
旧暦:4月20日 大安 辛 
社会・全般
2013年5月8日(水)9:00

GW明けたらごみ散乱/ビーチなど

バーベキューの残りそのまま


バーベキューの残りとみられるごみの山=7日午前、パイナガマビーチ

バーベキューの残りとみられるごみの山=7日午前、パイナガマビーチ

 ゴールデンウイーク(GW)が明けた7日、ビーチや行楽地には行楽客らが残していったとみられるごみが散乱し、景観を損ねている。公園を管理する市都市計画課では「自分で出したごみは持ち帰るようにしてほしい」と話している。


 パイナガマビーチの駐車場の一角には、バーベキューの残りやタバコの吸い殻、紙コップ、ペットボトルなどが入ったごみ袋が無造作に置かれていた。

 また、同ビーチの芝生が広がる空間では、バーベキューで使用したと見られる灰や木炭の燃え残りが目に付いた。

 市が管理する公園は都市公園と農村公園など大小約80カ所あるが、バーベキューができる公園は、狩俣にある健康ふれあいランド農村公園と荷川取漁港内公園のみとなっている。

 同課では、火の使用は公園内での禁止行為に当たると指摘。「ルールとマナーを守って利用してほしい」と話している。

 市から委託を受けてトゥリバー地区の清掃を行っていた男性は「きれいな所で遊んだなら、きれいにして帰るべきではないか」とため息をついていた。

 市によると公園内での禁止行為は▽飲酒▽損傷、汚損▽宿泊▽指定場所以外での車の乗り入れ▽たき火-など。該当する人には、市都市公園条例の定める罰則規定により1万円以下の過料を科する場合があるとしている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!