04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2013年5月14日(火)9:00

期成会、銅像建立を要請

故真栄城徳松氏の偉業たたえ


下地会長(手前左)から銅像建立の要請書が下地市長(手前右)に手渡された=13日、平良庁舎市長室

下地会長(手前左)から銅像建立の要請書が下地市長(手前右)に手渡された=13日、平良庁舎市長室

 1992年に開通した池間大橋(全長1425㍍)の建設構想を掲げ、その事業着手に多大な功績を残した元平良市長の故真栄城徳松氏を顕彰する銅像建立を求めて、同氏銅像建立期成会(下地義治会長)は13日、建設建立が実現するよう下地敏彦市長に要請した。同期成会は池間自治会(奥原正美会長)が中心となって同氏の銅像建立を池間島に作るよう要望している。

 要請では「池間大橋建設を機に、来間大橋の実現、そして伊良部大橋が完成しようとしている。卓越した先見性と行動力で大橋構想を掲げ、実現させた同氏の功績は大きく、後世にこの偉業を伝える必要がある」として、池間自治会から強い要望があることなどを伝えた。

 要請を受けた下地市長は「宮古には大きな離島が4つあるが、橋建設そのものが困難だった時代に、強い信念を持って先例をつけた真栄城氏の功績は非常に大きい」として、「しっかりと皆さんの要請趣旨を受け止めたい」と述べ、銅像建立に前向きな姿勢を示した。

 同期成会によると、銅像建立を求めている場所は池間大橋を背景にして眺望できる池間島土産売り場付近を予定しており、銅像とともに池間島の観光名所の一つに据えたい考えだ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!