05/25
2024
Sat
旧暦:4月17日 友引 戊 
社会・全般
2013年5月16日(木)9:00

「恩師の家族捜して」/台湾から下地市長に手紙

地在の羽地芳子さん/子どもたちの所在捜し当てる



手紙を手にする昭子さん=15日、下地川満の自宅

手紙を手にする昭子さん=15日、下地川満の自宅

 「恩師の松川浩先生、あるいは家族を捜しています。現住所が分かれば教えてください」-。14日、下地敏彦市長宛てにそんな内容の手紙が届いた。差出人は、台湾高雄市岡山区に住む戴文凱さん(78)。勉強を教わった恩師に、お礼をしたいとの思いを伝えた。



 松川さんは太平洋戦争が終わる前年の1944年、台湾高雄永安区永安小学校長を務めていた。生きていたら、約百歳。戦後は宮古島の下地川満180番地に住んでいた。


 台湾出身の羽地芳子さんが手紙をつてに同日、松川さんの家族を捜し当てた。長女の真栄田昭子さん(85)は、父の実家隣りの川満に住む。次男浩二さん(宜野湾市)、次女の金城絹枝さん(下地川満)、三男勝行さん(兵庫県)の4姉弟が健在だ。


 父浩さんは50年ほど前に、母登枝子さんは27年前に85歳で他界した。手紙を見た昭子さんは、台湾に父を慕う人がいることに、感無量の様子だった。


 手紙の舞台は、終戦直後の台湾にさかのぼる。松川さんは日本が台湾の統治権を失ったことで、校長職を失い苦しい生活を余儀なくされた。そんな時、戴さんの父が、子どもたちの家庭教師に招いた。戴さんは当時、小学2年生。兄弟が数学などを学んだ。


 戦後、松川さんが宮古から大学生の戴さんに宛てた葉書には「幾月かの間あの2階で、一緒に勉強し又寝た事などが思い出されます」と幼いころの戴さんとの触れ合いをしのんだ。


 戴さんは現在、高雄県医師会理事長の要職に就く。「松川さんの教えもあり、医者になれた」と感謝する。


 松川さんは師範学校を卒業後、結婚して台湾に渡り、昭子さんら姉弟は全員、台湾で生まれた。昭子さんは、台湾にあった淑徳高等女学校を卒業した。父が教職の時は、不自由ない生活だった。


 終戦後は一転、どん底の生活に陥った。台湾の金持ちの人から、食糧を分けてもらうなどしてしのいだという。当時の苦しみが胸につかえたのか、インタビューの途中涙をぽろぽろ流した。


 松川さん一家は、終戦翌年の1946年宮古に引き上げた。松川さんは農業を2年ほどして、盛島明得下地町長に請われ、助役を務め任期途中に亡くなった。昭子さんは「うそのつけない正直な人だった」と亡き父をしのぶ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!