11/27
2022
Sun
旧暦:11月4日 友引 甲 
産業・経済 社会・全般
2013年6月5日(水)9:00

マンゴーの出荷本格化/昨年の2倍600㌧見込む



取れ立て新鮮なマンゴーがずらりと並ぶ=4日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

取れ立て新鮮なマンゴーがずらりと並ぶ=4日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

 宮古地区の2013年産マンゴーの出荷が、本格的に始まった。地区全体の生産量は、大不作となった昨年の274㌧と比べ倍増の600㌧前後を見込む。本格出荷は平年より1カ月ほど早く、終了は8月下旬ごろになる。


 JAあたらす市場では、今年から共同選別したマンゴーが並ぶようになった。
 従来は、個人が選別して持ち込み陳列して販売していた。今回の共選は品質の安定化や規格統一によるブランド化促進、クレーム解消などを目的に導入した。
 購入者は、観光客が約8割と多い。宮古島産マンゴーは知名度が高まり、土産品として好評という。


 津波古昌誠店長は「新鮮で安全なマンゴーを、手ごろな価格で販売したい」と地元消費拡大にも意欲を見せた。3日にJAから仕入れた50㌔のマンゴーは完売し、共選販売は好調な滑り出しとなった。
 JA平良支店集荷場では、10人近い職員が選別を行い、同所で厳選したマンゴーをあたらす市場に出荷している。今期の取扱高は、50㌧(前期の9㌧比5・5倍)以上を計画した。


 宮古地区の前期のマンゴーは2、3月の日照不足などの影響で開花率が57%と低く、大不作となった。今期は開花率が30%と平年並みに持ち直し、成園面積も増えて、生産量は過去最高を見込んでいる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!