04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
産業・経済 社会・全般
2013年6月5日(水)9:00

マンゴーの出荷本格化/昨年の2倍600㌧見込む



取れ立て新鮮なマンゴーがずらりと並ぶ=4日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

取れ立て新鮮なマンゴーがずらりと並ぶ=4日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

 宮古地区の2013年産マンゴーの出荷が、本格的に始まった。地区全体の生産量は、大不作となった昨年の274㌧と比べ倍増の600㌧前後を見込む。本格出荷は平年より1カ月ほど早く、終了は8月下旬ごろになる。


 JAあたらす市場では、今年から共同選別したマンゴーが並ぶようになった。
 従来は、個人が選別して持ち込み陳列して販売していた。今回の共選は品質の安定化や規格統一によるブランド化促進、クレーム解消などを目的に導入した。
 購入者は、観光客が約8割と多い。宮古島産マンゴーは知名度が高まり、土産品として好評という。


 津波古昌誠店長は「新鮮で安全なマンゴーを、手ごろな価格で販売したい」と地元消費拡大にも意欲を見せた。3日にJAから仕入れた50㌔のマンゴーは完売し、共選販売は好調な滑り出しとなった。
 JA平良支店集荷場では、10人近い職員が選別を行い、同所で厳選したマンゴーをあたらす市場に出荷している。今期の取扱高は、50㌧(前期の9㌧比5・5倍)以上を計画した。


 宮古地区の前期のマンゴーは2、3月の日照不足などの影響で開花率が57%と低く、大不作となった。今期は開花率が30%と平年並みに持ち直し、成園面積も増えて、生産量は過去最高を見込んでいる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!