04/19
2024
Fri
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2013年6月26日(水)9:00

天然水族館が出現/佐良浜漁港

浮き桟橋周辺に熱帯魚


体色が鮮やかな青色のイラブチャー=25日、佐良浜漁港の浮き桟橋

体色が鮮やかな青色のイラブチャー=25日、佐良浜漁港の浮き桟橋

 佐良浜漁港の高速旅客船の離発着場である浮き桟橋の周辺海域に美しい熱帯魚が生活し始め、乗降客の間で「天然水族館」と話題を集めている。今後も熱帯魚の観賞スポットとして人気が急上昇しそうだ。


 回遊している代表的な熱帯魚は、ブダイ類の仲間のハゲブダイ(方言イラブチャー)、ヒレナガハギ、ツマリテングハギ(同マスイ)、テングハギ(同マブユ)。生活するようになったのは、浮き桟橋の底部に

体色が美しい模様のヒレナガハギ

体色が美しい模様のヒレナガハギ

主食の海草が生えているのが原因と考えられている。

 パンの耳をちぎって投げると、水中から急いで浮上し、競って食べている。特に鮮やかなハゲブダイと美しい模様のヒレナガハギは人気。浮き桟橋から見下ろす乗降客らは思わず「きれいな魚」と感嘆の声を上げている。

 高速船の乗組員らは「見物客が増えるようになり、話題は尽きない。魚に悪い影響を与えないように静かに観賞してほしい」と呼び掛けている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!