06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
社会・全般
2013年7月2日(火)9:00

茅輪くぐり無病息災祈願/宮古神社で夏越の大祓

大勢の市民訪れる


無病息災を願って茅輪をくぐる来場者たち=6月30日、宮古神社

無病息災を願って茅輪をくぐる来場者たち=6月30日、宮古神社

 今年1月から半年のけがれなどをはらい清める神事・夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)が6月30日、宮古神社で行われた。家族連れなど大勢の市民が訪れ、神主によるおはらいを受けた後、神殿前に設けられた茅輪をくぐり無病息災を祈願した。



 大祓とは毎年、6月と12月に行われる神社の年中行事。日常生活の中で知らず知らずのうちに重ねてきた罪やけがれを型代(かたしろ)という紙製の人形(ひとがた)に移してはらい清めるとともに、半年の平穏無事を願ってススキを束ねて作った茅輪をくぐる神事で、6月に行われるものを夏越の大祓と呼ぶ。

 来場者たちは神主からおはらいを受け、切麻(きりぬさ)」と呼ばれる細かく切った紙と麻を両肩に掛けて身を清めた後、境内に設けられた茅輪を3回くぐって、年末までの残り半年の無病息災を祈願した。

 家族5人で訪れていた男性(37)=平良=は「大祓には毎回のように来ている。今回も家族の健康を願って茅輪をくぐった」と語った。

 茅輪くぐりの後には、ちびっこらんど・ニライカナイによる奉納演舞が行われた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!