04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
社会・全般
2013年7月26日(金)9:00

暮らし便利帳発刊へ/宮古島市とサイネックス

官民協定書に調印


「暮らしの便利帳」の発刊に向けて協定書に調印した宮古島市の長濱市長職務代理者(右)とサイネックスの隈元部長=25日、市役所平良庁舎

「暮らしの便利帳」の発刊に向けて協定書に調印した宮古島市の長濱市長職務代理者(右)とサイネックスの隈元部長=25日、市役所平良庁舎

 行政、生活、地域、観光の情報を掲載する「宮古島市暮らしの便利帳」が来年2~3月に発刊されることが決まった。宮古島市とサイネックスが官民共同で編集作業を行う。25日、長濱政治市長職務代理者(市副市長)とサイネックス九州営業部の隈元勝久部長が協定書に調印した。この暮らしの便利帳は、市内全世帯に無料で配布される。


 行政ガイドの役目を果たす暮らしの便利帳は、全国400以上の自治体で発刊されている。自治体の行政サービスをはじめ公共施設の案内、観光、地域など幅広い分野の情報をこの一冊で把握できる。県内では豊見城、うるま、那覇、石垣の各市が発刊(石垣は編集作業中)しており、宮古島市は県内5番目となる。

 制作費は企業などの広告費で賄うため、市の予算負担はゼロ。電話帳「テレパル50」の発刊ほか、各自治体の便利帳を手掛けてきたサイネックスが営業し、市は情報提供で協力する。

 宮古島市の暮らしの便利帳は、特に「観光」を前面に打ち出す。宮古島をPRする魅力的な観光情報誌として趣向を凝らす。

 調印式で長濱市長職務代理者は「どのような行政サービスがあるのか、仕組みはどうなっているのか、どこに問い合わせれば良いのかがこの本で分かる」と便利帳の利点を強調した。その上で「官民が共同で取り組めることが大きい」などと話し、サイネックスの制作に期待を込めた。

 サイネックスの隈元部長は「地域情報をふんだんに掲載し、利便性の向上はもとより、市民の皆さんが街を再発見できるような冊子を作りたい」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!