02/21
2024
Wed
旧暦:1月12日 赤口 乙 
産業・経済 社会・全般
2013年8月1日(木)9:00

「お中元に最適」/宮古島漁協

「もずくスープ」PR


「もずくスープ」をアピールする下地市長(右)と粟國組合長=31日、市役所平良庁舎

「もずくスープ」をアピールする下地市長(右)と粟國組合長=31日、市役所平良庁舎

 宮古島漁協の粟國雅博組合長が31日午後、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、このほど発売を開始した「もずくスープ」をアピールした。試食した下地市長は「とてもおいしい。宮古の人みんなに食べてほしいモズク商品だ」とスープの美味に舌鼓を打った。


 もずくスープは、同漁協と熊本県にあるカネリョウ海藻が共同で開発。今は同漁協と「島の駅みやこ」で販売している。

 塩抜きした宮古島産の生モズクをそのまま使用しており、お湯か水で溶かすカツオだしスープとともに味わう。生モズク特有の食感とカツオの風味たっぷりのスープが売りだ。

 1カップ当たり40㌘の生モズクを使用。エネルギーは8㌔㌍に抑え、栄養価の高い健康食品としてもアピールしている。

 粟國組合長は「お湯でも水でもどちらでも食べることができる商品。お中元に最適なので島の人に活用してほしい」とPRした。

 下地市長は「モズク本来の食感が十分に生かされていてとてもおいしい。宮古島産の生モズクがしっかり味わえる」と話し、高い完成度を評価した。

 もずくスープは1カップ150円。12個入りの1ケースは割安となる1500円で販売している。

 同漁協の今期モズク取扱量は約650㌧で、前期比2倍以上。売上高は1億2000万円超えで、前期の4400万円を大幅に上回る実績を収めている。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

2023年12月15日(金)13:07
13:07

【宮古島スイーツ】cafe nuisで至福なひととき!

  【宮古島スイーツ特集】 #宮古島 には #スイーツ がいっぱい!探して見つけてハッピーに♪ #宮古毎日新聞 のホームページで 宮古島内のスイーツを紹介する特集コーナー!   記者が実際に店舗を訪ね、イチオシスイーツの魅力を聞きました! …

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!