05/25
2024
Sat
旧暦:4月17日 友引 戊 
社会・全般
2013年8月8日(木)9:00

監視施設の水 底を突く/福里地下ダム水位

淡水魚も避難


干上がって亀裂が走る福里地下ダムの水位・水質監視施設。宮古土地改良区の職員が同所に住む淡水魚の救出に当たったが湧水口に逃げ込み捕まらなかった=7日、城辺福東

干上がって亀裂が走る福里地下ダムの水位・水質監視施設。宮古土地改良区の職員が同所に住む淡水魚の救出に当たったが湧水口に逃げ込み捕まらなかった=7日、城辺福東

 福里地下ダムの水位・水質を監視する施設(城辺福東)にたまっていた水は、干ばつに伴う同ダムの水位低下を受け7日、ほぼ底を突いた。2000年に完成して以来、同施設の水が無くなるのは初めて。同施設のたまり水に自然に生息していたテレピア(淡水魚)も、水を求めて穴の奧に避難した。


 福里ダムの満水時の水位は46㍍で、同ダムの水は6月末まで監視施設の止水壁を越えて流れ出ていた。その後、干ばつが続いて減り続け、7日には満水時より2・16㍍低下。乾き切った底の泥には、亀裂が走った。

 福里ダムの地下水は、仲尾峰(比嘉)、ミルク峰(西中)、ピンフ岳(福山)の各ファームポンド(FP)に送水している。6日に同ダムからくみ上げた水は、適正量の8万㌧。7月23日に9万3000㌧もあった揚水量は、夜間断水で大幅に改善した。

 散水曜日を守らないルール違反者は、徐々に減っているという。改良区は、散水曜日と散水時間を守らないケースに対しては、かん水を強制的に停止する措置をとっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!