04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
社会・全般
2013年8月13日(火)9:00

個性豊かな38点の力作展示/漂着物アート展

海中公園で開催中


展示会場には個性豊かな漂着物アート作品が展示されている=12日、宮古島海中公園

展示会場には個性豊かな漂着物アート作品が展示されている=12日、宮古島海中公園

 海洋調査研究会(池間隆守会長)の第11回漂着物アートコンクールの展示・投票が12日、宮古島海中公園で始まった。17日まで。このコンクールは来場者の投票で審査する仕組みで投票数に応じて入賞作品を決める。今回は38点の作品が展示されており、主催者では期間中多くの来場を呼び掛けている。


 このコンクールは海浜の美化と保全が狙いで、「美しい海の創出」をテーマに掲げて海浜の漂着物を利用したアート作品を募集し、展示、審査を行っている。

 展示会場の海中公園には個性豊かな作品が展示されており、海浜に流れ着いた流木や貝殻、漁具を使ってウミヘビや魚、ウミガメといった海の生き物のほか、大きなキャンバスに貝殻や島ぞうりなどを用いて迫力ある東平安名崎を描いた作品なども並んでいる。

 海中公園に訪れた観光客からは、漂着物から創出されたアート作品に「南国の人らしい色鮮やかな作品が多いね」「漂着物でこんなきれいな作品ができるんだね」などの感想が聞かれた。

 16日の午後3時に投票の開票が行われ、同日の夕方ごろまでに本人あてに審査結果を通知。18日には表彰式が行われる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!