04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
社会・全般
2013年8月20日(火)9:00

手を合わせ先祖供養/旧盆の「ンカイ」

一族の健康願う/家族の絆再確認


先祖の霊に手を合わせ一族の健康を願った=19日、平良の狩俣行雄さん宅

先祖の霊に手を合わせ一族の健康を願った=19日、平良の狩俣行雄さん宅

 旧盆(ストゥガツ)初日は、先祖の霊を後世から迎える「ンカイ(迎え)」。宮古各地では「ンカイ」の19日、台風12号が接近する中で墓や家の門前で線香をたき、先祖を迎える風景が見られた。ヤームトゥ(本家)などでは仏壇にご馳走が供えられ、家族や親族が後生(あの世)から迎えた先祖の霊に手を合わせ一族の子孫繁栄と無病息災を願った。旧盆は3日続き2日目は「ナカビ」。3日目は「ウフイユー」と称し、夜遅くに神様を送る。


 平良の狩俣行雄さん宅では、沖縄本島、本土からも家族、親族が駆け付け、線香をたき神様を迎えた。
 仏壇にはリンゴ、ミカン、パイナップルなどの果物や豪華な料理が供えられた。

 午後8時ごろには家族、親族らが勢ぞろいし、全員そろって仏壇に手を合わせ、家族や親族のみんなが平和で健やかに過ごせるようにと願った。

 狩俣さんは「家族、親類がそろって先祖を迎える旧盆は毎年楽しみ。今年も東京、沖縄本島からみんな集まってくれた。家族の絆を再確認することもできるのでこれからも旧盆はみんなで過ごしたい」と笑顔で述べた。

 旧盆は旧暦7月13日から15日に行う祖霊祭り。3日間にわたり、仏壇に供え物をして先祖の霊をもてなす習わしとなっている。

 あす21日は「ウフイ(送り)」。紙銭を焼いて、先祖を後生に送り出す。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!