04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
社会・全般
2013年9月1日(日)9:02

慈雨で畑に緑戻る

サトウキビ回復、農家安心


写真上は干ばつ被害を受け枯れかかったサトウキビ=8月13日、写真下は台風12号の恵みの雨で緑が戻ったサトウキビ=31日、上野

写真上は干ばつ被害を受け枯れかかったサトウキビ=8月13日、写真下は台風12号の恵みの雨で緑が戻ったサトウキビ=31日、上野

 宮古島地方は台風12号の雨(21日)で干ばつが解消し、枯れかかっていたサトウキビは生き返った。茶色の目立つ写真(上)のキビは今月13日の状態。恵みの雨から10日たった31日には、緑が回復した=写真(下)。2枚の写真は同じ位置から撮ったもので、バックには千代田カントリークラブ(上野)のネットが見える。



 キビは干ばつや台風に強い作物といわれ、2枚の写真が生命力の強さを示している。


 宮古のキビ栽培の歴史は古く、人頭税制の1880年代には県から派遣された糖業教師の城間正安が普及に努めた。城間は、人頭税廃止運動のリーダーとしても知られる。


 キビは自然災害の多い宮古に向く作物で城間の指導から約130年たった現在、基幹作物に育った。農家の暮らしを支えており「キビ代金で、子弟を高校や大学に通わせた」とよく耳にする。


 宮古島では7月12日の台風7号の雨以降、1カ月以上少雨が続いた。同台風は塩害をもたらし、これに干ばつが追い打ちを掛け、キビにダメージを与えた。


 29日には台風15号も、少し雨を降らせた。夏植は干ばつ前までの生育が良かったため、今後の天気次第では平年並みに回復するとみる人もいる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!