04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2013年9月7日(土)9:00

紫芋の加工品を試食/友利の婦人会

「なりやまあやぐ」向け開発


友利の住民や役場職員らが参加した試食会=6日、城辺公民館

友利の住民や役場職員らが参加した試食会=6日、城辺公民館

 紫色が鮮やかな「芋もちや」や「芋団子」「芋ゼリー」「芋ぜんざい」「芋のかき揚げ」が6日、試食会のテーブルにずらりと並んだ。城辺友利のなりやま婦人会(西原昌枝代表)が、「なりやまあやぐまつり」(22日、インギャー)での販売に向け開発した自慢の品だ。試食会は住民や役所職員を招いて城辺公民館で開き、味や出来映えに対する反応を探った。
 試食後、参加者一人一人が感想を述べた。


 「芋もち」は素朴でなつかしい、おばあの味がする逸品。ほぼ全員が「おいしい」と絶賛した。「団子は一口サイズで食べやすい」、「ゼリーは従来のものとは違っておいしい」-と好評の声が多かった。

 一方で「芋の風味がない」、「かき揚げは柔らかく、塩味を少し濃くした方がいい」などの意見もあった。

 県宮古農林水産振興センター農業改良普及課の松尾安人課長は「地域で取れる芋を生かした女性たちの活動は、素晴らしい。まつりに来た人たちが、手みやげに買ってくれたらと思う」と、活動の成果に期待を込めた。試食会での意見は商品の改善に生かし、高い品質の品に仕上げることにしている。

 友利での加工品開発は、農業改良普及課が主導する「地域農業振興総合指導事業」の一環で行っている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!