11/27
2022
Sun
旧暦:11月4日 友引 甲 
社会・全般
2013年9月20日(金)9:00

獅子舞で厄払い/城辺うるか自治会

豊年祭で五穀豊穣祈る


獅子舞で厄払いをした豊年祭=19日、砂川公民館

獅子舞で厄払いをした豊年祭=19日、砂川公民館

 城辺うるか自治会(砂川安功会長)の豊年祭が19日、公民館と砂川(うるか)神社で行われた。昔から引き継がれている十五夜恒例の伝統行事。住民らが公民館と神社の神様にシーシャアラス(獅子舞)やクイチャーを奉納し、無病息災や五穀豊穣を祈願した。

 獅子舞は、うるかシーシャアラス会(砂川栄一代表)が奉納した。三線やホラ貝、横笛の音が響く中、若者たちがかねやパーランクーを打ち鳴らしながら勇壮に演舞。2人の若者が左右に跳びはねて獅子をあやつると、獅子舞は最高潮に達した。

 うるかシーシャアラスは伝統300年といわれるが、起源は定かでない。三線やホラ貝、横笛などの演奏や踊りの所作などは、若者がしっかりと引き継いでいる。

 初めて見たという38歳の女性は「若者たちの活気あふれる姿がいい」と感想を語った。

 公民館前広場では、男女が輪になってクイチャーを踊り「ヒヤサッサ」の声を響かせた。会場には、大勢の住民や郷友らが訪れ、盛り上げた。

 「うるかのクイチャー」は市の無形民俗文化財で、威勢のいいはやしや歌と手拍子の調和、高く跳ぶ躍動感あふれる所作が特徴だ。

 砂川(うるか)神社でも獅子舞やクイチャー、女踊りを奉納した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!