04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
教育・文化 社会・全般
2013年9月27日(金)9:00

勇壮な舞で無病息災祈る/来間ヤーマスプナカ

パレード、棒振りで盛況


ヤーマスプナカ2日目。無病息災を願い棒振りを披露する男たち=26日、下地来間島の「雨乞い座」

ヤーマスプナカ2日目。無病息災を願い棒振りを披露する男たち=26日、下地来間島の「雨乞い座」

 下地来間島の「ヤーマスプナカ」は26日、「雨乞い座」と呼ばれる広場で棒振りや踊りが行われた。住民や観光客が見守る中、男性は豪快な棒振りを奉納、女性は優雅に踊って無病息災と五穀豊穣を願った。

 午後2時ごろからパレードが始まった。島を発展させたと伝えられる3兄弟の家元を出発した車両を先頭に、老若男女が島を練り歩いて来間の繁栄を願った。

 雨乞い座に集合した男たちは3兄弟の長男スムリャーブナカ、次男ウプヤーブナカ、三男ヤーマスヤーブナカの順に棒振りを披露。家元ごとに違う衣装に身を包み、勇ましい掛け声とともに力強く踊った。

 女性も家元ごとに衣装をそろえ、優雅な踊りで祭りに花を添えた。来間小中学校の児童生徒は息の合ったエイサーを披露し、会場の住民から喝采を浴びた。

 来間自治会の来間得良会長は「ヤーマス御願は、島の子や孫の出生を各ブナカの神々に報告し、健やかな成長を願う大切な行事。この伝統をしっかりと継承していきたい」と述べるとともに、祭りの盛況に伴い向こう1年の無病息災が約束されたことも強調した。

 この後も踊りが続き、雨乞い座は棒振りの掛け声や住民の歓声、拍手に包まれて終日にぎわいを見せた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!