04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
教育・文化 社会・全般
2013年10月28日(月)9:00

宮古たこ作りに挑戦/世代間交流講座

伝統文化を継承


親泊さんの指導を受けながらたこを作る参加者たち=27日、市中央公民館

親泊さんの指導を受けながらたこを作る参加者たち=27日、市中央公民館

 市中央公民館主催の世代間交流講座「宮古たこ作り」の2回目(最終回)が27日行われた。市民らが参加し、親泊宗二さんの手ほどきを受けて大きなたこを完成させた。宮古たこを初めて作るという24歳の男性は「伝統のたこ作りは興味深い。揚げるのが楽しみ」と笑顔だった。


 54歳の男性は「たこは空高く飛ばせることや、引きを手で感じられるのが醍醐味。昔は1日に、一つは作っていた」と幼いころを思いだしながら、たこ作りに夢中になっていた。

 親泊さんによると、宮古たこは細かな骨組みが特徴。骨組みの上辺に取り付ける「な●(●=すに○)だま」や両辺の羽が風を受けて、力強く鳴り響く音も「宮古たこ」ならではという。

 初日は親子が参加し、カープヤ(簡単なつくりのたこ)や宮古たこを作った。

 同講座は伝統的な宮古たこの作り方を習得し、次世代へつなぐ目的で開催した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!