02/21
2024
Wed
旧暦:1月11日 大安 甲 
社会・全般
2013年11月9日(土)9:00

本土産野菜が高騰/台風など影響

主婦悲鳴 「家計に響く」


キャベツなどの本土産野菜は台風などの影響で高騰している=8日、市内のスーパー

キャベツなどの本土産野菜は台風などの影響で高騰している=8日、市内のスーパー

 キャベツやレタス、ダイコンなど本土産の主要野菜が軒並み高騰し、主婦らが悲鳴を上げている。夏場の猛暑や局地的な大雨による品不足に、10月上旬の台風27号が追い打ちを掛けた。比較的安い地元産が出回る今月下旬ごろまで、我慢を強いられそうだ。

 ダイコン1本398円。あるスーパーの青果担当は「安い時の198円と比べ、2倍の値段。ダイコンが最も影響を受けている」と話した。

 キャベツ1玉298円、レタス1玉298円、ニンジン2本158円、ナス2本238円、キュウリ2本158円-。いずれも通常と比べ1・5倍以上の高値という。

 30代の主婦は「家計に響く。安いモヤシやキノコ類、特売の野菜で間に合わせている」と渋い表情だった。モヤシは通常の約2倍売れている。

 「チラシを見たら、レタス1個を138円で売り出していた。売り切れないうちにと早朝に行った。食べたくても食べられないくらい高い」と話す主婦もいた。

 各スーパーは1個を2分の1や3分の1にカットし、一品の価格を安くするなど客への配慮に努めている。40代の主婦は「家族が少ないので、カット販売は助かる」と笑顔を見せた。

 同店の担当によると、野菜価格は5月ごろから上がり始め8月下旬に最も高くなった。その後下がったが、台風27号後再び上昇に転じた。

 地元産野菜は冬場が旬でキャベツやダイコン、ニンジン、ジャガイモ、ニンニクなどが出そろい、価格も安く安定する。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

2023年12月15日(金)13:07
13:07

【宮古島スイーツ】cafe nuisで至福なひととき!

  【宮古島スイーツ特集】 #宮古島 には #スイーツ がいっぱい!探して見つけてハッピーに♪ #宮古毎日新聞 のホームページで 宮古島内のスイーツを紹介する特集コーナー!   記者が実際に店舗を訪ね、イチオシスイーツの魅力を聞きました! …

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!