04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2013年11月21日(木)9:00

地域と楽しく交流/南静園福寿会

17団体が歌と踊り披露


福寿会のメンバーによる「とうがにあやぐ」で幕を開けた=20日、宮古南静園

福寿会のメンバーによる「とうがにあやぐ」で幕を開けた=20日、宮古南静園

 第35回歌と踊りの交流会(主催・宮古南静園福寿会)が20日、同園公会堂で開かれ、同園や市老人クラブ連合会の上野や城辺、下地支部などから17団体が出演して、これまで練習した歌や踊りを披露し、交流を深めた。


 交流会は同園福寿会のメンバー6人による「とうがにあやぐ」で幕開け。伊良部あけぼの老人クラブメンバー7人による舞踊「浜千鳥」などが披露された。

 開会式で同園福寿会の前里財祐会長が「35回の節目を迎えた。これも地域や先輩ら多くの人たちの支援があって続けてこられた。きょうは舞台と観客が一体となって会を盛り上げ、楽しんでほしい」とあいさつ。

 来賓として出席した市生活環境部の平良哲則部長が「きょうは入所者の皆さんや参加する皆さんが日ごろの練習の成果を発揮して、交流会が盛大に盛り上がることを期待する」と下地敏彦市長の祝辞を読み上げた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!