10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
社会・全般
2014年1月26日(日)9:00

大人の絵本セラピー開催/絵本セラピスト協会

岡田代表「感想は内面の現れ」


市民のほか全国の絵本セラピストら約15人が参加したセラピー=25日、ブックカフェ・ブレス

市民のほか全国の絵本セラピストら約15人が参加したセラピー=25日、ブックカフェ・ブレス

 「人間関係がちょっと楽になる 大人のための絵本セラピー」が25日、市内のカフェで開かれた。絵本セラピスト協会(東京)代表で「絵本のソムリエ」こと岡田達信氏が講師を務め、大人が絵本を読んで感じることはその人の内面にあるものであり、ほかの人と感想を聞くことで自分自身について気付くことができることなどを紹介した。

 「絵本セラピー」はワークショップ方式で行われ、みんなで同じ絵本の読み聞かせを聞き、互いに意見を交わすことで、自分とは異なる考え方に触れ、自らの問題に気付き、問題の解決を目指す。

 今回のセラピーには市民のほか、絵本セラピストが全国から参加。岡田代表は何冊かの絵本を読み聞かせし、グループに分かれた参加者同士で感想を発表させたほか、これまでに聞いたさまざまな感想を紹介。「同じ絵本を読んでもいろいろなバリエーションの感想が出てくるのは、そこに読んだ人の内面や価値観が現れているから」との考えを示すとともに、「人の意見を聞くことで、自分が当たり前と思うことが人にとっては当たり前でないことに気付き、自分に初めて気付く」と指摘した。

 隣のタヌキを嫌うウサギが月にタヌキをこらしめてもらう交換条件として1カ月間、タヌキに優しくしてきたところ、タヌキもウサギに対し優しくなっていくというストーリーの「となりのたぬき」を読み聞かせた岡田代表は、この絵本を読んだ女性が嫌いな上司に毎日お茶を出すことを決め、取り組んだ結果、好きにはならないものの、さほど気にならなくなったという実例を紹介。「相手が変わらないのに嫌いという思いがなくなれば自分にとって得なこと。タヌキに当たる人に、自分が無理なくしてあげられることは何かあるか考えてみて」と呼び掛けた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!