04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
社会・全般
2014年2月1日(土)9:00

漁民ら盛大に旧正月/大漁旗掲げ安全祈願

親戚、友人集い新年祝う


伊佐さん宅では1950年生まれの同期生たちが集い旧正月を盛大に祝った=31日、佐良浜前里添の伊佐さん宅

伊佐さん宅では1950年生まれの同期生たちが集い旧正月を盛大に祝った=31日、佐良浜前里添の伊佐さん宅

 漁業のまちの佐良浜や池間、久松では31日、旧暦の年の始まりを祝う旧正月が盛大に行われた。佐良浜漁港では青空の下、数十隻の漁船に日の丸や大漁、航海安全を祈願する色鮮やかな旗が掲げられ旧正月ムードを盛り上げた。各家庭には親戚や友人、知人らが集い、豪華な料理を囲みながら酒を酌み交わして楽しいひとときを過ごした。

 一昔前まで宮古では、新・旧の正月が盛大に行われていた。しかし、1950年代の後半から新正月一本化運動が展開されて新正月中心に変わり、旧正月は旧暦と仕事や生活が密着する漁村だけに残った。

 佐良浜前里添の伊佐康信さん宅には1950(昭和25)年生まれの同期生たちが集まり、思い出話に花を咲かせながら旧正月を祝った。

 伊佐さんは「3年前から旧正月は同期生たちの家を順番に訪問しながら祝うことにしている。旧正月は友人たちとの絆を深める特別な日にもなっている。これからも同期生たちと盛大に祝いたい」と笑顔で話した。

 伊佐さん宅に訪れた同期生たちからは「佐良浜でも旧正月は年々衰退している。こうして友人宅をめぐりながらお祝いをすればそれが広がってまた旧正月が地域全体で盛り上がることになると思う」と話した。

 この日、伊良部島に向かうフェリーの中では、お祝い用の酒やオードブルなどの料理を持った客が多く見られた。

 旧正月を祝う各家庭のテーブルには、イカやタコ、魚の刺身や豚肉、豚ソーキなど正月ならではの料理が並び、にぎやかな一日を過ごしていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!