12/04
2022
Sun
旧暦:11月11日 先負 辛 
社会・全般
2014年2月23日(日)9:00

身近な植物に美発見/一葉式いけ花宮古島支所

設立10周年で生け花展


招待客らが展示空間を彩る鮮やかな作品を鑑賞した=22日、下地高千穂のT&K HOUSE

招待客らが展示空間を彩る鮮やかな作品を鑑賞した=22日、下地高千穂のT&K HOUSE

 一葉式いけ花宮古島支所(斉藤葉彩支所長)が主催する「一葉式いけ花展」が22日、下地字高千穂にあるT&K HOUSEで開かれた。同支所を設立した10周年を記念するいけ花展は「身近な美の発見」をテーマに大作3点を含む計19点の作品を展示した。同教室で花道を学ぶ門下生の知人、友人や招待客らが展示空間を彩る鮮やかな作品を鑑賞していた。開催は23日まで。

 一葉式いけ花は1937年に創流され、宮古では2004年に文化庁委嘱事業の「いけ花子ども教室」を開いたことをきっかけに斉藤さんが同教室を開設した。

 宮古で自生、栽培されている草花や樹木を用い、また、植物以外の素材を用いることで、空間や時間との関わりやバランスを「植・間」として表現することに同流派の特徴があるという。

 斉藤さんは「宮古の生活の中にある身近な植物の美しさを見つけようと取り組んできたが、ようやく弟子たちと共有し楽しむことができるようになった」と話した。

 同支所の園庭では、シギラベイサイドスイートアラマンダで和食統括料理長を務める政次由宇さんが、たけのこを使った料理を振る舞うなどして、いけ花展を盛り上げた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!