04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2014年3月7日(金)9:00

愛情弁当、今年も健在/高校入試

昼食は家族団らん


受験生を励まそうと家族や親せきが一緒に昼食を取る光景は宮古の高校受験では欠かせない風景となっている=6日、宮古高校

受験生を励まそうと家族や親せきが一緒に昼食を取る光景は宮古の高校受験では欠かせない風景となっている=6日、宮古高校

 「緊張したー」「お腹すいたー」-。高校入試が始まった6日。宮古地区の各高校では、手作りの応援弁当を受験生と家族、親せきらが一緒に食べる毎年恒例の光景が見られた。最近ではテレビなどでも取り上げられ、有名になったこの応援昼食。まごころのこもった手作り弁当を受験生と家族が一緒に食べるこの習慣は、受験生だけでなく親の緊張を和らげる上でも大きな役割を果たしているようだ。

 受験生が午前中の2科目の試験を終わって校舎から出てくると、父母らは「お疲れさま」「よく頑張ったね」「緊張しなかった?」などと声を掛け、それぞれの昼食の場所に迎えた。
 宮古高校では、校舎が工事中ということもあり、グラウンドや体育館も開放され、受験生と家族らが一緒に昼食を楽しんだ。

 弁当の中身は、縁起を担いでトンカツや元気を出してもらおうと子供たちが好きな揚げ物などが並んだ。

 午前中の試験を振り返って徳嶺かおりさん(鏡原中)は「国語はできたけど、理科がちょっと難しかった。教室から出てきて家族の顔を見たらホッとした。お母さんの手作り料理はおいしいし、みんなで食べると緊張もほぐれるので良かった」と笑顔で話した。 

 母親の教子さんは「午前4時に起きて弁当づくりを頑張った。もしかしたら受験は子供よりも親の方が緊張しているかもしれない。いとこや友人たちも一緒に食べてくれているので午後からも頑張ってくれると思う」と話した。

 高校入試期間中に、受験生と家族が昼食を囲むこの習慣がいつ始まったのか定かではないが、高い宮古の教育熱を象徴する習慣は全国放送のテレビなどでも取り上げられ有名になっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!