04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
社会・全般
2014年4月3日(木)9:00

サニツ、潮干狩り満喫

家族連れでにぎわう


サンゴ礁で潮干狩りを楽しむ市民ら=2日、池間島西側のイラ干瀬

サンゴ礁で潮干狩りを楽しむ市民ら=2日、池間島西側のイラ干瀬

 宮古の伝統行事「サニツ(浜下り)」に当たる旧暦3月3日の2日、家族連れらが干上がった浜辺やサンゴ礁に繰り出し、潮干狩りでにぎわった。

 この日は快晴に恵まれ、絶好の潮干狩り日和。子供たちは春休みとあって大喜び。潮風を浴びながら思う存分に満喫した。

 潮干狩りポイントのうち、池間島西側のイラ干瀬とツマ干瀬には、約200人の家族連れが訪れサザエなどを採取し、歓声を上げていた。

 一方、平良の大浦湾では、大勢の家族連れが訪れシナ(イソハマグリ)と呼ばれる二枚貝を取りながら家族の絆を深めていた。

 伝統を重んじる池間や佐良浜では、海水で体を清める儀式「ミナンガハナ(三波の花)」が行われた。女性たちが波打ち際で押し寄せる波頭をすくい、顔や手などを洗って全身を清めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!