05/27
2024
Mon
旧暦:4月19日 仏滅 庚 
社会・全般
2014年6月15日(日)9:00

國仲君ブラジル出発/エスコートキッズ

20日のギリシャ戦で選手と入場


藍夢君と父・朝昭さんが関係者から盛大な激励を受けた出発式=14日、宮古空港

藍夢君と父・朝昭さんが関係者から盛大な激励を受けた出発式=14日、宮古空港

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、「エスコートキッズ」に選ばれた東小3年の國仲藍夢(あいむ)君が14日、父・朝昭さんと宮古空港を出発した。空港ロビーで行われた出発式で藍夢君は「頑張って行ってきます」と笑顔であいさつした。出発式には学校の関係者や藍夢君が所属するマティダ東FCのメンバーらが駆け付けてブラジルに向かう2人を盛大に送り出した。

 朝昭さんは「盛大な出発式をしてもらって感謝している。皆さんから支援してもらって藍夢もとても喜んでいる。二人でブラジルを楽しんできたい」とあいさつした。

 同校の下地政昭校長は「体に気をつけてブラジルの文化や習慣を学び体験したことを友達にも伝えてほしい」と激励した。

 宮古サッカー協会の宮国敏弘会長も「エスコートキッズには大切な役割が二つある。選手は子供と手をつないでピッチに立つことで興奮を抑えるとともに、子供が見ても恥ずかしくないフェアプレーの精神を持って試合に挑ませることがその任務。ぜひ、小さな日本代表としてその役割を成し遂げてほしい」と呼び掛けた。

 そのほか、マティダ東FCのメンバーを代表して仲宗根紳斗君(3年)があいさつを行い「ブラジルで経験したことを僕たちにも伝えてほしい」と述べた。

 この日、誕生日を迎えた藍夢君。今年1月に帰らぬ人となった母・尚子さんからの「夢」の誕生日プレゼントがいよいよスタートした。

 藍夢君は、きょう15日の日本代表の初戦となるコートジボアール戦を成田で応援した後、ブラジルに向けて出発。日本時間の20日に行われる第2戦のギリシャ戦で日本代表と手をつないでピッチに入場する。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!