04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
環境・エコ 社会・全般
2014年6月25日(水)9:00

「夜のお花見」はじまる/宮古島環境クラブ

サガリバナ群生地


来訪者はライトアップされたサガリバナの幻想的な雰囲気と甘い香りを楽しんだ=23日、添道のサガリバナ群生地

来訪者はライトアップされたサガリバナの幻想的な雰囲気と甘い香りを楽しんだ=23日、添道のサガリバナ群生地

 宮古島環境クラブ(下地邦輝会長)主催の「添道サガリバナ夜のお花見(第3回ライトアップ)」が23日夕から始まった。29日までの7晩にわたり、午後7時30分~午後9時まで行われている。

 サガリバナの群生地には甘い香りのサガリバナが、ここかしこに咲き誇り、ライトに照らされて幻想的な雰囲気を醸し出している。

 初めて親子でサガリバナの開花を見に訪れたという根間裕子さん=平良字東仲宗根=は娘の優奈さん(北中1年)、梨結さん(東小5年)と連れだって観察会場にやって来た。

 根間さんは「ポスターでお花見を知り、やって来たが、想像していた以上に白やピンクの花が美しく、とても感動している」と感想を話した。

 ライトアップは夜のサガリバナ開花を楽しみながら宮古島の自然と環境に理解を深め、同群生地の活用を考える機会にする目的で開催されている。同取り組みでは、宮古島環境クラブがボランティアガイドを養成するなどして、訪れる人の案内にあたっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!