04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
教育・文化 社会・全般
2014年8月23日(土)9:00

綱引きで笑顔の交流/板倉区と城辺の児童

綱引きを楽しむ新潟県上越市板倉区と城辺の子供たち=22日、西城小体育館

綱引きを楽しむ新潟県上越市板倉区と城辺の子供たち=22日、西城小体育館

 新潟県上越市板倉区と宮古島市城辺地区の児童交流事業2日目は22日、西城小学校体育館で行われた。板倉区4校の児童8人は、城辺地区の児童と綱引きをするなどして笑顔いっぱいの表情で交流を深めた。

 開会のセレモニーで宮古島市教育委員会の宮國博教育長は「小さな島だけど城辺地区の子供たちと仲良く遊んで楽しい思い出をたくさんつくってほしい」と板倉の児童を歓迎。「この機会を大切に、ずっと付き合いを続けてください」と末永い交流を期待した。

 板倉区の山部小学校の石黒明宏君は「中村十作さんや人頭税のこと、宮古島や沖縄の文化をしっかりと学びたいのでよろしくお願いします」と話した。

 ふれあいタイムに入ると西城小児童会長の下地麻菜夏さんが「楽しく過ごして仲良くなりましょう」と呼び掛け。同校児童が三線演奏とエイサーを披露して板倉の児童を喜ばせた。

 この後は全員で綱引きを楽しんだ。体を動かすことで緊張がほぐれた両地区の児童は、豊かな表情を見せて綱を引き合っていた。

 交流会を終えると高野漁港に移動し、海水浴で楽しい思い出をつくった。

 板倉区と城辺地区の交流事業は1994年にスタートした。明治時代、板倉出身の中村十作氏が宮古島の島民とともに人頭税廃止運動に立ち上がった功績を引き継ぐために始まった。

 互いに人材の育成を兼ねて実施しており、夏は板倉の児童が宮古島に、冬は宮古島の児童が板倉を訪問して交流を深めている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!