05/18
2024
Sat
旧暦:4月11日 友引 壬 
教育・文化 社会・全般
2014年11月17日(月)9:00

学友と再会会話弾む

宮高卒50年を祝う会


乾杯で盛り上がる祝う会=15日、市内のホテル

乾杯で盛り上がる祝う会=15日、市内のホテル


南秀同窓会(仲地清成会長)は15日夜、市内のホテルで宮古高校16期(昭和39年卒)・同校定時制8期の卒業50年を祝う会を開催した。学友らが国内外から約200人が参加。久しぶりに再会した同期生、先輩、後輩らが懐かしい友人らと会話を弾ませ握手を重ねていた。今年で29回。


 式で、卒業生らは会場の温かい手拍子と音楽に合わせて堂々と入場。青春時代の懐かし学友らがそろった。全員で宮古高校の校歌を斉唱した。同校職員の高橋直美さんが琉球舞踊「加那ヨー」を披露し、大きな拍手を浴びた。

 仲地会長は「皆さんは1945年の終戦の年、あるいはその前後に生まれた。戦争の惨禍を越えて、平和で民主的な文化国家を目指す新しい時代の幕開けとともに、皆さんは力強く産声を上げた。親たちの日々の食糧にも事欠く時代だったが、皆さんの誕生は親にとっても、社会にとっても希望の象徴だった」とあいさつ。その上で「何よりも同期生仲間は、生きている懐かしさの原点であり、故郷だ」と強調した。
 次いで関東南秀同窓会の大山芳男会長、沖縄南秀同窓会の波平勇夫会長からの祝電が紹介された。

 15期生代表の真喜屋恒代さんが乾杯の音頭を取り、後輩たちを祝福した。
 各テーブルでは、お互いに勉強・スポーツで励まし合った時代を振り返り、心ゆくまで旧交を温めた。
 先輩・後輩が健康管理を語り合い、料理を味わいながら大満足そうに笑顔を見せていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!