04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
政治・行政 産業・経済 社会・全般
2014年11月22日(土)9:00

栽培実証施設が起工 ポットファーム

新しい農業の形態に期待


下地市長(中央)らがくわ入れを行って工事の安全を祈願した=21日、上野野原

下地市長(中央)らがくわ入れを行って工事の安全を祈願した=21日、上野野原


宮古島市のポットファーム栽培実証施設が21日、上野野原で起工した。この実証施設では1鉢ずつ独立したポットでトマトを栽培する。コンピューターで生育を管理し、クリーンエネルギーを活用する新しい農業の形態を実証する。

施設は今年度内に完成。来年8月には植え付けを始める見通しだ。同日の地鎮祭には下地敏彦市長をはじめ工事関係者が出席し、期間中の工事の安全を祈願した。

 事業費は1億3700万円。実証栽培施設は鉄骨ハウスで本体面積は1150平方㍍、作業管理棟は94平方㍍となっている。
 太陽光発電や風力発電システムを導入し、クリーンエネルギーを活用したコンピューター管理による新しい農業の実証を行う。

 具体的には室内に設置する感知器がハウス内の状態を的確に把握し、温度管理や施肥の時間、水まきのタイミングまで知らせてくれる。適切な栽培方法を一度確立すれば、コンピューターにインプットされた栽培情報に従って安定的な生産が可能になる。台風などの自然災害にも強いため、天候に左右されない園芸作物が栽培できるのも特徴の一つだ。

 この施設でトマトを栽培する研修生を2~3人公募する。新規就農青年給付金を受けている人らを優先して受け入れ、将来的には自立を促していく。
 地鎮祭では下地市長や工事関係者がくわ入れの儀式などを行い、工事期間中の無事故無災害を祈った。

 下地市長は「すべてをコンピューターで管理するシステム。ここで栽培する人は新しい技術を習得し、将来は自らハウスをつくって経営につなげてほしい。新たな農業の展開になる。それぞれが夢を持って努力を続けてほしい」と述べ、施設整備に伴う担い手の育成に期待を込めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!