04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
政治・行政 社会・全般
2015年2月5日(木)9:00

お気に入りの花求め/市みどり推進課きょうまで

苗花苗木の安価販売/市民らどっと


多くの市民が訪れお気に入りの花の苗を買い求めていた=4日、みどり推進課

多くの市民が訪れお気に入りの花の苗を買い求めていた=4日、みどり推進課

 市みどり推進課(根間正三郎課長)は4日、同課がある平良袖山地区で苗木と花苗を販売した。市場価格より安価とあって、あいにくの雨模様にもかかわらず市民らが大勢訪れ、目当ての苗木や花苗を買い求めていた。販売はきょう5日午後4時まで。

 緑の募金運動(2~4月)に伴い、緑化運動の充実を図り美しい島の景観づくりを推進しようと実施した。

 販売された苗木の種類は▽イヌマキ▽ハイビスカス▽クロキ▽ヤブツバキ▽アレカラシ▽クロトン▽セイロンマンリュウ▽モクタチバナ▽マニラヤシ-で高さは約1㍍、価格は1本200円。

 花苗は▽インパチェンス▽ビオラ▽パンジー▽ベゴニア▽サルビア-などで1本40円。中には25本や50本とまとめて買う市民も見られ、緑化に対する意識の広がりがうかがえた。

 訪れた代男性は、「生活の中に花があるのはとても良い。安い価格での販売は市民にとってはありがたい。今後も定期的に続けてほしい」と話した。

 根間課長は「こんなにも多くの市民が訪れるとはびっくりした。花や樹木の栽培を通して、隣近所や地域に環境美化の機運が高まっていけばうれしい」と語った。

 初日は花苗約6000本、苗木は約1400本が売れた。インパチェンスは売り切れ、他の花苗も数少なくなっているという。

 販売時間は午前9時~午後4時まで(正午~午後1時までは休憩)。問い合わせは市みどり推進課(電話72・9784、72・9815)まで。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!