04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2015年2月20日(金)9:00

雪だるまに歓声/下地保育所

北海道から10体届く


雪だるまに触る園児たち=19日、下地保育所

雪だるまに触る園児たち=19日、下地保育所

 下地保育所(川満直美所長)に19日、真冬の北海道から高さ約40㌢の雪だるま10体が届けられた。園児たち97人は、初めて目にする本物の雪だるまに「冷たーい」などと言いながら笑顔で触れた。

 この雪だるまは、同保育所前所長が北海道を旅行した時に知り合った会社代表から、「宮古島の子供にも雪だるまを見せてあげたい」として今回、初めて送られてきた。

 発泡スチロールの箱から本物の雪だるまが取り出されると、園児たちはみんなで取り囲み、手で実際に触ってみては「すごーい」や「冷たーい」などと歓声を上げながら笑顔を見せたほか、削り取った雪を投げ合ったり、「おいしい」と言いながら口にする園児もいた。

 川満所長は「子供たちはこれまで雪だるまについて話で聞いても実感がなかったと思うが、暖かい宮古島で触れさせてもらえる機会をもらい、うれしい。子供たちの感動はすごいと思う。雪が溶けたら水になることなどいろいろことを知ってほしい」と語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!