05/31
2024
Fri
旧暦:4月23日 友引 甲 
社会・全般
2015年2月27日(金)9:00

春の渡りで飛来/ヤツガシラとタゲリ

狩俣・池間で確認


珍鳥のヤツガシラ=26日、狩俣地区(撮影・伊良波彌記者)

珍鳥のヤツガシラ=26日、狩俣地区(撮影・伊良波彌記者)

 南方で冬を過ごしていた野鳥が繁殖地へ向かう春の渡り期を迎え、市内に立ち寄ったヤツガシラ(ヤツガシラ科)2羽とタゲリ(チドリ科)1羽が26日、確認された。暖かい陽光の下、旅の疲れを癒やしている様子だった。

 ヤツガシラは、宮古本島北部の狩俣地区に飛来。世界で1科1種の貴重な珍鳥とされる。警戒や威嚇の時に頭頂の冠羽(かんむりばね)が扇状に開く。くちばしは細長い。翼と尾に黒褐色と白白の横まだら模様があり、頭から胸にかけては橙褐色。成鳥は全長28㌢。

 一方、タゲリは池間島に渡来した。頭頂部から伸びる黒い冠羽が美しいことから、異名

ゆっくり舞うタゲリ=26日、池間島

ゆっくり舞うタゲリ=26日、池間島

は貴婦人・貴公子。

 タゲリは夏羽に衣替えし、のどの部分は黒い。冬羽ではのどの部分は白い。腹は白い。背中と翼上面は金属光沢のある緑色。成鳥は全長30㌢前後。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!