04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
社会・全般
2015年3月25日(水)9:00

アダンでアンディーラ作り/いけまシマ学校

サニツ向け昔ながらに


手本のアンディーラを見て語り合う参加者=24日、池間島離島振興総合センター

手本のアンディーラを見て語り合う参加者=24日、池間島離島振興総合センター

 いけま福祉支援センター(前泊博美理事長)が運営するいけまシマ学校(儀間利津子校長)は24日、第11回「アンディーラ(網袋)を編む」を実施した。お年寄りら20人が参加し、昔から伝わる魚介類や農作物を入れるアンディーラを完成させた。4月21日に当たるサニツ(旧暦3月3日)と呼ばれる浜下りで活用する予定。

 冒頭、儀間校長は「昔からのアンディーラはアダンの気根で作った丈夫な網袋で、住民から愛用され重宝されていた。きょうは楽しくアンディーラを作ってください」と激励した。

 儀間校長は手作り作業開始前に、この日の講師となる地元の仲間愛子さん(84)に講師任命書を交付した。県立看護大学の学生らが参加し交流を深めた。

 参加者らは、ビニール製の縄で挑戦。慣れた手さばきで完成させた女性は出来栄えに満足の表情を見せていた。手軽で実用的で耐久性のある網袋を手に潮干狩りを楽しみにしていた。

 参加した勝連昭子さん(87)は「久しぶりに頑張って編んだ」と満足そうに語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!