12/06
2021
Mon
旧暦:11月3日 先勝 戊 
社会・全般
2015年4月19日(日)9:00

ミヤコニイニイ鳴き出す

伊良部島で、例年より早く


早くも現れたミヤコニイニイ=18日、伊良部(撮影・伊良波彌記者)

早くも現れたミヤコニイニイ=18日、伊良部(撮影・伊良波彌記者)

 宮古諸島固有種のミヤコニイニイ(セミ科)が18日午前、伊良部島で早くも出現して鳴き出した。初夏を告げるセミで、例年の出現時期は5~7月とされる。

 下地島空港の午前中の最高気温は26・8度で平年より約1度高かった。

 この日は日中の最高気温が25度を越える夏日だった。

 ミヤコニイニイは、地上から高さ3㍍ほどの樹木の幹の上に止まり「シィー、シィー」と鳴いていた。

 ミヤコニイニイの体色は樹皮に似た保護色。体長3・5㌢ほどの小型のセミ。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!