05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 
社会・全般
2015年6月18日(木)9:00

研究使用機器を寄贈/イオン琉球が宮総実環境班へ

具志堅校長(前列左)に目録を手渡す稲嶺部長(同右)=17日、宮古総合実業高校

具志堅校長(前列左)に目録を手渡す稲嶺部長(同右)=17日、宮古総合実業高校

 イオン琉球が地域に根差した活動などを行う団体やNPO法人などに希望する品物を寄贈する「第20回イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」への参加団体の一つである宮古総合実業高校(具志堅三男校長)環境班への贈呈式が17日、同校で行われ、マックスバリュ事業部先島運営部の稲嶺直樹部長から具志堅校長に研究で使用する機器の目録が手渡された。

 同キャンペーンは、毎月11日の「イオンデー」で買い物客に発行する黄色いレシートを、支援したいと思う参加団体のボックスに入れてもらい、そのレシートの合計金額の1%相当分の品物を各団体に贈る取り組み。2001年から実施されていて、これまで延べ242団体に2156万円相当の品物を寄贈してきた。

 今回は同校環境班を含む12団体が参加。14年4月から15年2月までレシートの投函(とうかん)が行われ、総額290万円分の寄贈が行われることとなった。

 環境班が同キャンペーンに参加し寄贈を受けるのは9回目で、今回は残留窒素を吸収する日本ソバを植えることで地下水保全などを目指す研究に使用する硝酸態窒素分析電極一式(11万円相当)の寄贈を受ける。

 贈呈式で目録を手渡した稲嶺部長は「ぜひ研究を頑張ってほしい」と生徒を激励。具志堅校長は「いつも格別な支援をありがとう。ソバの栽培研究に有効利用したい」、環境班の友利和樹部長(3年)は「寄贈品を使ってこれからも頑張って研究を進めていきたい」とそれぞれ語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!