09/28
2022
Wed
旧暦:9月3日 大安 甲 
社会・全般
2015年6月27日(土)9:00

農産物を守ろう/就農青年クラブ協

防犯パトロール開始


警察と防犯協会から防犯活動用のベストや青色回転灯が贈呈された=25日、県宮古合同庁舎

警察と防犯協会から防犯活動用のベストや青色回転灯が贈呈された=25日、県宮古合同庁舎

 宮古地区就農青年クラブ協議会(池村洋輝会長)主催の農業生産にかかる一斉防犯パトロールが25日、スタートした。出発式が県宮古合同庁舎前で行われ、同協議会ほか警察や防犯協会のメンバーが「農産物を守ろう」と一致団結。マンゴーなど宮古島の農産物を守る決意を新たにした。

 このパトロールは、農業生産にかかる防犯意識の向上を図り、生産者が安心して農業生産に取り組める環境づくりを推進していくことが狙い。宮古島署と防犯協会が協力している。

 出発式で池村会長は「マンゴーに限らず、野菜や農業資材を守るために、警察や防犯協会と連携してパトロールを実施したい。生産農家の皆さまの防犯意識を高めていくためにも共に頑張ろう」と呼び掛けた。

 続いて宮古島署の瑞慶山力署長があいさつし、昨年はマンゴーの盗難に関する被害届がなかったことを報告。「これも皆さんのパトロールのおかげだ」と活動をたたえた。その上で「パトロールは時宜を得た取り組みであり、犯罪が発生しにくい社会環境の醸成にもつながる」と述べた。

 宮古島地区防犯協会の前川尚誼会長は「盗難はないことが当たり前。農家の皆さんが生産意欲を持てるよう防犯協会も一体となって取り組む」と話した。

 この後、警察や防犯協会が防犯活動で使用するベストや帽子、青色回転灯を贈呈し、活動の一層の充実に期待を込めた。

 全員でガンバロー三唱をした後、複数の車両に分かれてパトロールを開始。農産物が盗難に遭わないよう各地で防犯活動を行った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月25日(日)9:00
9:00

家族連れが滑走路ウオーク/宮古空港「空の日フェスタ」

4年ぶり開催に70人参加/化学消防車の放水見学も   9月20日の「空の日」、同20~30日の「空の旬間」に伴う宮古空港「空の日フェスタ」が24日、同空港で行われた。午前6時30分から、滑走路でランウェイウオークが行われ、参加した家族連れら約70人が…

2022年9月25日(日)8:57
8:57

1日限りのメニュー提供/シーウッドホテル

坂井シェフと笹田総料理長 ディナーイベントでコラボ   「フレンチの鉄人」として知られる坂井宏行シェフと、宮古島来間リゾートシーウッドホテルの笹田勇治郎総料理長の2人が手掛けるコース料理を楽しむスペシャル・フレンチ・ディナー・イベントが24日、同ホテ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!