04/18
2024
Thu
旧暦:月日   
社会・全般
2015年8月9日(日)9:03

「伊良部大橋」ヒットに手応え/うえち雄大さん

カラオケ情報誌で紹介


カラオケ情報誌「月間ミュージックスター」や「エース」に紹介された自身の記事を手に笑顔を見せるうえち雄大さん=5日、本社

カラオケ情報誌「月間ミュージックスター」や「エース」に紹介された自身の記事を手に笑顔を見せるうえち雄大さん=5日、本社

 上野出身の演歌歌手、うえち雄大さんが、カラオケ情報誌「月間ミュージックスター」や「エース」で大々的に紹介され、ファンの間で話題となっている。4月に「伊良部大橋」をリリースし、島の観光PRにも一役買っているうえちさん。「全国で『伊良部大橋』を歌って、観光名所にしていきたい」と笑顔を見せた。

 「うえち雄大『日本一のカラオケ流し』が宮古島の魂を歌う」とのタイトルで紹介された「ミュージックスター」7月号で、うえちさんは「1日に10軒の店で歌うことを目標に、門前払いされても、店の扉をたたき続けた」と話す。

 今回の来島でも、平良西里の飲食店街「イーザト」をめぐり「伊良部大橋」をPR。「地元で浸透しているのがうれしい」と語り、ヒットの手応えを感じ取った。

 10月には東京で行われる「全国沖縄県人会交流会」に招かれ「伊良部大橋」を披露することになっている。「全国の県人会が一堂に集まる。それぞれの地に帰ったら、カラオケで歌ってほしいと宣伝したい」と開催を待ちわびている。

 芸能生活45周年を迎えたうえちさんは「伊良部大橋」は、その集大成となる楽曲だという。

 「全国版の業界誌に紹介されて光栄。しかし、流しで一軒一軒の店をめぐるという初心はこれからも貫きたい」と力を込めた。

 15日の「オリオンビアフェスト」にも出演が決定しており、「改めて地元の人たちと開通を祝いたい」と話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!