11/30
2022
Wed
旧暦:11月7日 大安 丁 
社会・全般
2015年9月14日(月)9:04

「治す」から「治し、支える」へ

多職種の連携、組織化を/「在宅医療・介護推進」研修会


宮古地区における「在宅医療」の充実化を目指して開催された研修会=13日、JAおきなわ宮古地区本部

宮古地区における「在宅医療」の充実化を目指して開催された研修会=13日、JAおきなわ宮古地区本部

 宮古地区医師会主催の「2015年度(前期)在宅医療・介護推進のための多職種連携研修会」が13日、JAおきなわ宮古地区本部で開催された。浦添市で先進的な在宅医療に取り組む「かじまやークリニック」の山里将進院長が講座を行い、「治す医療」から「治し、支える医療」を目指し、地域における多職種の組織作り、真の地域包括ケアを目指すことなどが呼び掛けられた。

 主催者を代表して池村眞会長は「宮古島市も65歳以上人口が30%を超えており、必然的に在宅医療、在宅療養を希望する人が増えると思う。きょうの研修会を通して市の在宅医療の質を高めることにつなげてほしい」と呼び掛けた。

 来賓あいさつで下地敏彦市長は「私も前期高齢者であり、高齢化が進む宮古島市にとって在宅医療の充実は最大の課題。各分野が濃密な連携で老人福祉の充実を図り、住みよい社会にしていくために活発に意見交換してほしい」と述べた。

 浦添市で「24時間、365日の安心ネットワーク」を掲げ、在宅医療に取り組む山里院長は、在宅医療の課題について、訪問医療をする意欲ある医師の拡大▽在宅医療を担う医師のグループ化▽在宅医療の連携を支えるチーム作りのコーディネート役▽住民の意識啓発-を示した。

 真の地域包括ケアに向け山里院長は、住まいと医療福祉ハイブリッドシステムの連携を示し、サービス付の高齢者向け賃貸住宅▽24時間型の在宅看護介護サービス▽住宅医療連携拠点の整備-などを呼び掛けた。

 そのほか、うむやすみゃあす・ん診療所の竹井太院長が「宮古地区における訪問診療の実際」をテーマに宮古の現状を報告した。

 同研修会は、県内の各地域において格差のない標準化された在宅医療の推進および多職種連携の促進と、かかりつけ医の在宅医療参入の動機付け、市町村を単位とする多職種による組織化の促進を目的に実施された。

 会場には、医師、看護師、栄養士、保健師、作業療法士などが参加し、講義の内容に真剣な表情で聞き入ったほか、グループ討論では、宮古島において在宅医療を推進する上での課題や解決策について意見を交換した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!