04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2015年10月8日(木)9:05

サシバ群れ、連日飛来

きょう「寒露」


タカ柱をつくりながら上昇するサシバの群れ=7日、伊良部

タカ柱をつくりながら上昇するサシバの群れ=7日、伊良部

 きょう8日は、二十四節気の一つ「寒露(かんろ)」。草木に降りる露もひときわ冷たく感じさせるころとされる。



 伊良部島では、北からの秋の使者、サシバ(タカ科)の飛来が本格化。地元の愛鳥家によると、4日から連日群れが現れ、7日までに計2000羽以上をカウントした。公式な記録ではない。


 伊良部島の上空に姿を見せた群れは、大きく旋回しながらタカ柱をつくって上昇。一定の距離に達すると、群れは散り散りとなり、高度を下げながら水平飛行した。夕暮れが迫る午後6時ごろ、サシバは一晩休む高木に次々と舞い降りた。翌日の日の出とともに舞い上がり、東南アジアへ南下していく。


 宮古島地方気象台よると、向こう一週間(8~14日)の予報は、高気圧に覆われ晴れる日が多い予定。10日ごろは前線の影響で雨の降る日がある見込み。最高気温は28~30度、最低気温は24~25度を予想している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!