08/18
2022
Thu
旧暦:7月21日 先負 癸 
社会・全般
2015年10月8日(木)9:05

サシバ群れ、連日飛来

きょう「寒露」


タカ柱をつくりながら上昇するサシバの群れ=7日、伊良部

タカ柱をつくりながら上昇するサシバの群れ=7日、伊良部

 きょう8日は、二十四節気の一つ「寒露(かんろ)」。草木に降りる露もひときわ冷たく感じさせるころとされる。



 伊良部島では、北からの秋の使者、サシバ(タカ科)の飛来が本格化。地元の愛鳥家によると、4日から連日群れが現れ、7日までに計2000羽以上をカウントした。公式な記録ではない。


 伊良部島の上空に姿を見せた群れは、大きく旋回しながらタカ柱をつくって上昇。一定の距離に達すると、群れは散り散りとなり、高度を下げながら水平飛行した。夕暮れが迫る午後6時ごろ、サシバは一晩休む高木に次々と舞い降りた。翌日の日の出とともに舞い上がり、東南アジアへ南下していく。


 宮古島地方気象台よると、向こう一週間(8~14日)の予報は、高気圧に覆われ晴れる日が多い予定。10日ごろは前線の影響で雨の降る日がある見込み。最高気温は28~30度、最低気温は24~25度を予想している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月17日(水)17:18
17:18

宮古島関係の歴史をたどる in 沖縄本島 台湾遭害者之墓

 沖縄本島で、宮古島の歴史を感じることができる場所の1つが那覇市若狭にある「台湾遭害者之墓」です。   ☆関連記事 検証の必要性指摘 牡丹社事件/琉大公開講座(2015年7月26日配信)

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!