10/01
2022
Sat
旧暦:9月6日 友引 丁 
社会・全般
2015年11月24日(火)9:03

昔にタイムスリップ/「宮古諸島のくらしと風景」展

市中央公民館29日まで


1960年代の宮古諸島の風景写真などが展示されている「宮古諸島のくらしと風景」=22日、市中央公民館

1960年代の宮古諸島の風景写真などが展示されている「宮古諸島のくらしと風景」=22日、市中央公民館

 琉球大学附属図書館・琉球大学博物館収蔵の企画展「宮古諸島のくらしと風景」が22日から、市中央公民館で始まった。復帰前の1960年代の宮古諸島の風景や、多良間島の八月踊りなどの様子を記録した写真など135点を展示。稲わらを使用した、物の数を記録したり計算機として使った「わら算」も展示され、当時の人々の生活を感じることができる。企画展は29日まで、入場無料。

 同企画展は、歴史学者の中山盛茂氏や、第2次世界大戦中の米の外交官で、戦後沖縄において精力的な調査を行ったジョージ・H・カー氏が収集した写真を展示している。

 灯台が設置される前の東平安名崎や、保良貯水場(保良ガー)、平良の街並みを背景にした平良港など、当時の島の様子が伝わってくる写真ばかり。

 初日に観覧した市民の中には、サシバと遊ぶ子供の写真が、「いとこにそっくり。場所といい年代といい、多分間違いない」と話し、いとこに携帯電話で知らせていた。

 また、保良ガーの写真を見た50代の男性は「子供のころは、この場所でよく水浴びをした。昔にタイムスリップしたようで、とても懐かしい」と話していた。

 企画展は午前10時~午後7時まで。なお、24日は休館。最終日の29日は午後5時まで。

 同企画展の関連として28日午後2時から、「宮古の藁(わら)算とマータ」と題した講演会が、市中央公民館視聴覚室で行われる。講師は、琉球大学博物館の佐々木健志氏。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年10月1日(土)9:00
9:00

全会一致で開催に賛成/第37回トライ大会

専門委、要項案を確認/14日の総会で決定へ   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回専門委員会が30日、市役所で開かれた。各専門部長が2023年4月16日開催とする大会要項案について確認。全会一致で賛成した。同実行委員長の伊川秀樹副市長は「…

2022年9月29日(木)8:57
8:57

まもる君の割り箸配布/宮古島署

食堂などへ1万本、交通ルール訴え   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)の交通安全箸渡し作戦が28日、市内の飲食店など16店舗で行われた。仲宗根署長ら署員と宮古島地区交通安全協会(友利勝一会長)、地域交通安全活動推進委員ら約25人が、宮古島まもる君がデザ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!